fc2ブログ

反貧困フェスタ2009住まい分科会の報告

時期が前後しますが、3月28日に、千代田区立神田一橋中学校で行われた反貧困フェスタの住まい分科会について報告をしておきます。
当日寄せられたメッセージについてはこちらをご覧ください。



 住まいの貧困に取り組むネットワークでは、2階の教室2にて「住まいのセーフティネットをつくろう 安心できる住まいとは?」という分科会を行いました。教室内では英国人画家ジェフ・リードさんによる日本とイギリスの野宿者の肖像画と、ジェフさんに影響を受け野宿生活をしながら絵を制作していた坂本久治さん(故人)の絵が展示され、なごやかな雰囲気の中行われました。
 まず最初に、09年2月11日に団体で取り組んだ足立区にある花畑団地への現地ツアーを記録したビデオが上映されました。それに続き、団地居住者の方から「団地を壊さないで修繕し、若い人にも入ってもらって、団地が元気になるようにしてほしい」というアピールをいただきました。さらに、住まい連の坂庭さんから公共住宅の現状について「イタリアやフランスといった諸外国と比較しても公共住宅が圧倒的に少ない。日本は住宅後進国である。」という報告があり、続いて都の都市整備局職員の方は都営住宅の現状と課題について「都営住宅への昨年の応募は平均して30倍以上に上る。増やす余地はあるにも関わらず、石原都政が10年間にわたって都営住宅を新築していないのはおかしい。」と都政への疑問を投げかけました。簡単な質疑応答を経て、もやいの稲葉さんからはハウジングプアは今に始まった問題ではなく以前から住まいの貧困に苦しむ人たちはたくさんおり、社会的差別によって可視化されてこなかった。ジェフ・リードさんの絵を見ると一口にホームレスといっても一人一人の人生があるという当たり前のことが分かるという紹介がありました。来日していたジェフさんも発言され、自分は絵を描くことでホームレスのことを知りたいと思った。絵を見た方が絵を通して彼らのことを理解し、差別や偏見を変えていくきっかけになってほしい。坂本さんは来日して初めてモデルになった方で恋しく思っていると坂本さんとの思い出や、イギリスの野宿者の現状について話されました。
 校庭で設置される予定だった最低居住水準(国が定めた保障すべき居住の基準)を再現した模型が強風のため、1階の廊下に移動するというハプニングがあったものの、模型を見た参加者からは、ずいぶんと広い、自分の部屋は全然満たしていないという驚きの声が聞かれました。企画の最後には参加者それぞれが「わたしたちが望む住まいとは?」を言葉や絵で色とりどりの紙に描き、模型に貼り付けるというパフォーマンスを行い、「居場所があるから生きられる!みんなに住居を!」「つながりのある住まい」「いつでも帰れていつまでも居られる安らぎの空間」といったくつろぎや安心を求め、人と人とのつながりへの要求が多く見られました。大勢の参加者が来場して下さり、企画を通じて住まいの貧困当事者のつながりが重要だと認識されたイベントでした。

スポンサーサイト



追い出し屋被害ホットラインの報告の続き

先日のホットラインの報道です。

週刊金曜日09年4月24日発売号です。

週刊金曜日09年4月24日発売号

追い出し屋被害ホットラインの報告

世話人の藤本です。
4月19日に行われた追い出し屋被害ホットラインについてご報告しておきます。

フリーダイヤルにしたこともあってか、3回線の電話は朝からほぼ鳴りっぱなし。
面談1件を含めて総数で63件の相談を受け付けることができました。

当初の予想より、生活困窮に伴う生活相談も多く、貧困の拡がりにともなうハウジングプアのすそ野の広さを垣間見ることになりました。

電話がつながらず相談に至らなかった方も数多くいらっしゃるはずで、大変申し訳ございません。

受け付けることができた相談の中で、追い出し屋被害としては11件あり、15日ほどの家賃滞納をきっかけにして保証会社により別の鍵を取り付けられたといった被害や、ほぼ1年にわたり違約金を支払ってきた被害、電話で「家賃が払えないならすぐに出て行け」と迫られた被害などがありました。

これらはまだまだほんの一部に過ぎないはずで、さらなる被害掘り起こし、被害回復、違法業者の摘発、当事者同士のつながりを求めていきたいと考えています。

メディアでの報道もいくつかあるので挙げておきます。

毎日新聞09年4月21日(火)夕刊
毎日新聞09年4月21日(火)夕刊

TBS朝ズバ09年4月20日放送



いよいよ本日!住まいの貧困・ハウジングプアをなくそう! 追い出し屋被害ホットライン

いよいよ本日4月19日(日)10:00~18:00に追い出し屋被害ホットラインが行われます。
リマインドで再度UPしておきます。

ホットラインビラ
【転送転載歓迎】住まいの貧困・ハウジングプアをなくそう! 追い出し屋被害ホットラインのお知らせ

4月19日(日)に下記ホットラインを開催いたします。
フリーダイヤルになっておりますので、お気軽にお電話ください。

【住まいの貧困・ハウジングプアをなくそう!電話相談会開催! 追い出し屋被害ホットライン】

日時:4月19日(日)10:00~18:00
電話番号:0120-442-423(4月のよるに夜逃げせず)
※フリーダイヤル(一般電話全国、携帯、PHS、公衆電話から発信可能)

・家賃を滞納して鍵を交換された
・今すぐ明け渡しを迫られている
・高額な違約金を請求された
・家財を勝手に処分された
・支払いを迫る文書を玄関に張られた
・勝手に部屋に入られた
・家賃催促の電話が鳴り止まない
・解雇を理由に社宅・寮からのからの追い出しを告げられた
・定期借家への切り替えを迫られている・・・など

このような不動産業者、管理業者、家賃保証会社などの追い出し屋による被害にあった方、またはあいそうな方はぜひお電話ください。
弁護士や借地借家人組合相談員などの専門家があなたのご相談に応じます。

主催:住まいの貧困に取り組むネットワーク
共催:全国追い出し屋対策会議、スマイルサービス被害対策弁護団

◎住まいの貧困に取り組むネットワークとは?

「派遣切り」「ネットカフェ難民」「ホームレス」・・・いま、暮らしの基盤である仕事と住まいを脅かされる人々が増え続けています。公的な住宅は縮小され、障害者や高齢者・外国人・シングルマザー・性的マイノリティーなどへの入居差別はあとを絶ちません。家賃の滞納を理由として鍵を交換したり荷物を撤去したりする「追い出し屋」(ゼロゼロ物件業者や不動産管理業者・家賃保証会社等)による被害も拡大し続けています。こうした「住まいの貧困」に対して、住宅問題や生活困窮者の支援に取り組むNPOや労働組合、借地借家人組合などに属する諸個人や法律家が集まり、「住まいの貧困に取り組むネットワーク」を3月14日に発足しました。

世話人:稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)、坂庭国晴(国民の住まいを守る全国連絡会)、藤本龍介(スマイルサービス闘争を支援する会)
連絡先:〒162-0814東京都新宿区新小川町8-20こもれび荘 もやい気付
E-mail:sumainohinkon@gmail.com
URL:http://housingpoor.blog53.fc2.com/

ハウジンブプア報道 朝日新聞09年4月16日

09年4月16日の朝日新聞朝刊でハウジングプアの報道がありました。

こちらでも読めるようにしておきます。
世話人の稲葉さんと設立集会で講演された小玉さんがコメントされています。

朝日新聞09年4月16日


違法な追い出し行為に対し、全国一斉提訴へ

4月10日に、大阪朝日新聞で以下のような記事が出ています。

ネットでも読めるので、読んでみてください。
キャッシュはこちら。
朝日新聞大阪4月10日夕刊

「追い出し屋」被害で一斉提訴へ 5都府県12人

家賃滞納を理由に強引に退去を迫られ、居住権を侵害されたとして、5都府県の借り主12人が家賃保証会社などに慰謝料など1人あたり約100万~300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁や大阪簡裁など6地・簡裁に来週中に起こす方針を決めた。原告は非正規労働者らで、大量失職者が出た年度末に被害が集中していた。「追い出し屋」被害をめぐる全国一斉提訴は初めて。

 訴えるのは東京、大阪、兵庫、奈良、宮崎の20~60代の男女12人。元派遣社員や日雇い労働者、パート、アルバイトらで、大半が年収200万円以下の低所得者。自宅を閉め出された後、ネットカフェのほか、車や公衆トイレなどで路上生活を強いられた原告もいる。

 滞納理由は派遣切りやリストラ、仕事の激減による収入減と、病気の治療代や消費者金融への返済などによる支出増など。原告12人のうち7人は1月以降、被害に遭った。

 被告は不動産会社、不動産管理会社、家賃保証・回収会社など約15社と家主ら。訴えによると、原告らは滞納後、深夜・未明の取り立て、不在時の無断侵入、鍵交換、家財撤去などで退去を強いられたとしている。

 追い出し行為について、国土交通省は2月、家賃保証会社を対象にしたガイドラインを作成。しかし、最近は管理会社による追い出し行為が横行しているという。

 弁護団「全国追い出し屋対策会議」は「住まいを奪われれば路上生活に直結しかねず、次の就職先を見つけるのも困難となる。裁判を通じて、『貧困ビジネス』の違法性を明らかにし、被害の拡大を防ぎたい」としている。

 追い出し屋被害をめぐっては昨年12月以降、関西在住の借り主5人が家賃保証会社などを相手に損害賠償を求める訴訟を起こしている。(室矢英樹)

あなたにとって安心できる住まいとは?

3月28日に行われた反貧困フェスタの住まい分科会で、参加者がそれぞれの「あなたにとって安心できる住まいとは?」を紙に描いて、最低居住水準を再現した模型に貼り付けるという展示を行いました。

絵や文字で表現されたものの中で、文字で書き起こしたものを下記に出しておきます。
やはり安心やくつろぎを求める声が多いようです。

参加されたみなさん、ありがとうございます。



居場所があるから生きられる!みんなに住居を!
生活の場を共有して共に生きる家族を!
住まいがあるというとてつもない安堵感
人と人とがつながる家
全ての人に安心できる住まいを!
安心して住むことのできる家を★HOUSING HAPPY
家賃を半額に
住まいは人権
☆国や自治体は耐震・修繕費の補助を ☆家賃補助制度の確立
花畑団地新しい若い人が入れるようにしてほしい 老人も若い人にならって若々しく元気で花畑に頑張りたい
花畑団地にみなさんが入って来てもらい子そだてにお年寄りの話し合いに参加してほしい
すまいは命(La vida)人権だ
「連帯」と「団結」とにかく!!
つながりのあるすまい
誰もがこころやすらぐ家が持てますように!!
生活に困窮した人が緊急にすまいが必要な場合も利用できる様に
入居差別するな!!
いつでも帰れていつまでも居られる安らぎの空間自分の城
HouseではなくHomeである場所自分が自分でいられるところ
職住接近 緑あふれた環境に 安価な負担の住宅を
住宅ローンの金利を0に!!返済期間を100年超にしてくれ!!収入の10%以下の住居コストで住めるようにたたかうゾ。
太陽の陽ざしで起きて風が通ってあたたかく眠れる家 みんなで楽しくご飯が食べられる家がいいなあ
ぐっすりねむれておいしいご飯が食べられる居場所
人が道路を住まいとするようなことは許されない。しかし、その道路からさえ排除されている!
集合住宅がいい!共同スペースをつくり、個人スペースを増やす
シャワー(→近くに銭とうない!!)とトイレ(→共有でない)がついているところに住みたい!!←みたすには月6万のアパートばかりで敷金がまったくそこにたっしない!!
HOUSEとともにHOMEを…
「衣・食・住」今は「医・職・住」昔も今も、住まいが生活の基本土台です。だからなくそうハウジングプア!
安心・安全な安らぎある住まい暮らしをつくろう☆
もっとよい街 よい住まいを!!
みんなの家!!
この寒さ、道で夜中じゅう立ちつくす人のことを想おう
4畳半あればいい(私も今そう)とにかく安く住まいを提供して!
「追い出し屋」のいない社会を!住まいは人権
人とつながっていると感じられる家に住みたい
すべての国民に人間らしい住まいを!!人間居住は権利だ!!
安らげる住まいはみんなの権利です!!うばわないで!!
日当たりとてもOK 居心地よく、心のおちつくお部屋 快適な寝室 家族がいるのもよい
よく寝られるところ 休日には2度寝を
私は友人の介助者として参りました。僕の好きな言葉です経世済民(世を経て民を救済スル…。)天に帰られた人生の先輩は、お金はこうでなきゃと言われました。
1980年代の社会人や成人は人一倍強くなれ、いじめは当たり前、なれろ、というアホンダラなことが常識でした。しかし、人は、みな、風邪もひくし、年はとりマス。ふ→不当、不道徳、不平等 す→筋違い ま→的はずれ 垣根なく生活し、話す場に、不自然な“ふすま”の区切りは不要です。いじめはないのがあたりまえです。
将来、年金生活になっても安心して住める住宅を!!そのために私もがんばろうと思います。
ゆったりとあたたかい安心して住める家がほしい!中央区立住宅は高い
日本の将来をになう青年には仕事と住まいは絶対に保障しなければならないつくり手の立場から
せまくなく住み続けられる住まい ×超高層 ×家賃が高い
家賃支払い少し遅れたぐらいで追い出すな!

【転送転載歓迎】住まいの貧困・ハウジングプアをなくそう! 追い出し屋被害ホットラインのお知らせ

住まいの貧困に取り組むネットワークで、4月19日に以下の取り組みを行います。

どうぞお気軽にご相談ください。



【転送転載歓迎】住まいの貧困・ハウジングプアをなくそう! 追い出し屋被害ホットラインのお知らせ

下記ホットラインを開催いたします。
フリーダイヤルになっておりますので、お気軽にお電話ください。

【住まいの貧困・ハウジングプアをなくそう!電話相談会開催! 追い出し屋被害ホットライン】

日時:4月19日(日)10:00~18:00
電話番号:0120-442-423(4月のよるに夜逃げせず)
※フリーダイヤル(一般電話全国、携帯、PHS、公衆電話から発信可能)

・家賃を滞納して鍵を交換された
・今すぐ明け渡しを迫られている
・高額な違約金を請求された
・家財を勝手に処分された
・支払いを迫る文書を玄関に張られた
・勝手に部屋に入られた
・家賃催促の電話が鳴り止まない
・解雇を理由に社宅・寮からのからの追い出しを告げられた
・定期借家への切り替えを迫られている・・・など

このような不動産業者、管理業者、家賃保証会社などの追い出し屋による被害にあった方、またはあいそうな方はぜひお電話ください。
弁護士や借地借家人組合相談員などの専門家があなたのご相談に応じます。

主催:住まいの貧困に取り組むネットワーク
共催:全国追い出し屋対策会議、スマイルサービス被害対策弁護団

◎住まいの貧困に取り組むネットワークとは?

「派遣切り」「ネットカフェ難民」「ホームレス」・・・いま、暮らしの基盤である仕事と住まいを脅かされる人々が増え続けています。公的な住宅は縮小され、障害者や高齢者・外国人・シングルマザー・性的マイノリティーなどへの入居差別はあとを絶ちません。家賃の滞納を理由として鍵を交換したり荷物を撤去したりする「追い出し屋」(ゼロゼロ物件業者や不動産管理業者・家賃保証会社等)による被害も拡大し続けています。こうした「住まいの貧困」に対して、住宅問題や生活困窮者の支援に取り組むNPOや労働組合、借地借家人組合などに属する諸個人や法律家が集まり、「住まいの貧困に取り組むネットワーク」を3月14日に発足しました。

世話人:稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)、坂庭国晴(国民の住まいを守る全国連絡会)、藤本龍介(スマイルサービス闘争を支援する会)
連絡先:〒162-0814東京都新宿区新小川町8-20こもれび荘 もやい気付
E-mail:sumainohinkon@gmail.com
URL:http://housingpoor.blog53.fc2.com/


プロフィール

housingpoor

Author:housingpoor
住まいの貧困に取り組む個人からなるネットワークです。
賃貸トラブルや生活相談にも応じます。
月に1度程度、都内で会議を開いています。
参加したいというご要望や、賃貸トラブルについてのご相談は
sumainohinkon@gmail.com
までよろしくお願いいたします。

検索フォーム
QRコード
QRコード