fc2ブログ

『住宅政策の転換をめざす国会集会』のご案内

4月16日(金)午後1時30分から衆議院第2議員会館・第1会議室にて『住宅政策の転換をめざす国会集会』が行われます。

以下ご案内です。


『住宅政策の転換をめざす国会集会』

☆ 湯浅 誠氏 「住宅問題」を語る ☆

内閣府参与を務めた湯浅誠氏は、3月5日付の辞職にあたってのコメントの中で、
「私個人としても、とりわけ、①低所得者向けの住宅政策と②真に生活保護の手前に位置する第2のセーフティネットの構築、寄り添い型の人的サービスの確立が必要だと提案しました」と述べています。この「低所得者向けの住宅政策」を含めた住宅の諸問題について派遣村等の経験を踏まえて語っていただきます。

☆住宅セーフティネットの実現に向けての政策提言☆
 湯浅氏の講演を受けて、わが国の住宅セーフティネットの実現に向けて、「社会住宅政策」という新たな提言を行い、国政や国政選挙の場でこうした提言を取り上げてもらい、
住宅政策の転換をめざすことを目標とした院内集会です。多くの方々のご参加を。
 
〔日 時〕2010年4月16日(金)午後1時30分~午後4時30分
〔場 所〕 衆議院第2議員会館・第1会議室 (定員100名)
       (午後1時から第2議員会館受付ロビーで通行証を配布します)
  〔集会内容〕
1.講 演 「公設派遣村の教訓と住宅政策、住宅運動に望むもの」
         湯浅 誠 氏(反貧困ネットワーク事務局長、NPOもやい事務局長)

2.提 言 「住宅セーフティネットの実現をー社会住宅政策の提言」
         塩崎賢明 氏(神戸大学教授、日本住宅会議理事長)

3.各党国会議員のあいさつ

4.住宅関係各団体からの報告と発言

〔開 催 団 体〕
日本住宅会議、国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)
住まいの貧困に取り組むネットワーク、

〔連絡先〕 住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人 坂庭国晴(住まい連代表幹事)
       NPO住まいの改善センター  ℡ 03-3837-7611
Fax 03-3837-8450




スポンサーサイト



ネットワークの1年間の活動(2009年3月~2010年3月)

10年3月22日に設立1周年を記念して新宿で集会を行ない、ネットワークがこの1年どのような活動を行なってきたのか、振りかえりました。その参考資料を掲載します。活発な一年でした。

■ ネットワークの1年間の活動(2009年3月~2010年3月) ■

① ネットワークの発足のきっかけ―08年10月19日の反貧困ネットワーク主催の「反貧困世直しイッキ!大集会」(明治公園)の「住まい分科会」の参加者を母体に準備会を重ねて発足。

② 09年3月14日 「ネットワーク設立集会とデモ」、大久保地域センター、200名参加。
賛同団体26団体、個人の賛同46名を得て、「なくそうハウジングプア! 安心できる住まいを!」の実現をめざす各界の個人参加で設立。「設立宣言」-「安心できる住まいをすべての人びとに取り戻すため、ともに立ち上がりましょう」

③ 3月28日 「反貧困フェスタ2009」・住まいの分科会の開催、テーマ「住まいのセーフティネットをつくろう、安心できる住まいとは」、千代田区・神田、「最低居住水準」の模型展示と「私たちが望む住まいとは?」のパフォーマンスなど。

④ 4月19日 「追い出し屋被害ホットライン」の実施。「住まいの貧困、ハウジングプアをなくそう!」、3回線の電話は鳴りっぱなし。63件の相談寄せられ、うち追い出し屋被害11件。

⑤ 5月10日 「全国追い出し屋対策会議・東京集会」の開催。同対策会議と共催。新宿・農協会館。「安心できる住まいを奪う悪質業者に法規制を」

⑥ 6月14日 「住まいは人権デー」駅頭宣伝、リレートーク。「国民の住まいを守る全国連絡会」(住まい連)との共催。1996年6月14日、トルコで開かれた第2回国連人間居住会議で「居住の権利宣言」が採択されたことを記念し、毎年開催されてきた宣伝行動を共同開催。

⑦ 7月8日 「国土交通省・民間賃貸住宅部会」に申し入れ。「民間賃貸住宅部会の公正な審議について」、「部会委員に借主側代表の参加を」、「追い出し屋被害の当事者の意見反映の場を設けよ」、「ハウジングプアの解消に向けた総合的な議論を行うこと」などを申し入れ。

⑧ 8月4日 住宅賃貸会社、管理会社の「(株)シンエイ、シンエイエステート」に要求書送付。
「貴社の契約内容および管理行為に違法、もしくは不当行為が見られたので、ここに抗議し、謝罪および改善を求める。」、督促手数料(滞納違約金)の支払いの義務付け、退室立会費の徴収、脅迫・威迫行為の実施などに対して。

⑨ 9月12日 「シンエイ問題の相談会と弾劾デモ行動」。東京・立川。「入居者同士のつながりで安心できる住まいを求めて立ち上がろうー住まいの権利確立に向けて」。シンエイ問題の相談会の開催、3名の「元・現」入居者が「滞納違約金と退室立会費の返還求める通告書」を記入。デモ行動を実施後、通告書を提出。

   シンエイ、督促手数料(滞納違約金)3千円の徴収を撤回―9月12日の相談会とデモ行動、通告書の提出とその後のたたかいによって、09年12月、シンエイは滞納違約金3千円の徴収を撤回しました。
⑩ 9月13日 「安心できる賃貸住宅の実現を求める市民集会―住まいを奪う追い出し屋に法規制を!」。東京四谷・主婦会館、90名参加。全国追い出し屋対策会議、賃貸住宅トラブルネットワークとの共催。「安心できる賃貸住宅の実現求める宣言」を採択。

⑪ 9月18日 「民間賃貸住宅部会は当事者の声を聞け」国交省前宣伝行動。この日、第7回民間賃貸住宅部会が開催され、消費者団体等からのヒアリングが行われた。「私たち抜きに私たちの住まいについて決めるな」のビラ配布、ハンドマイクによる宣伝を行う。

⑫ 9月29日 「家賃保証会社によるブラックリスト作成への緊急抗議行動」。東京四谷・日本賃貸住宅管理協会前。この日、家賃保証会社が新しく法人をつくり、家賃滞納者のブラックリストを作成することを記者発表することに対し、記者会見場の協会前で緊急抗議行動を行う。

⑬ 10月4日 「フツ―の住まいがほしい! 貧困ビジネスは退場せよ! 東京集会」の開催。
   東京・新宿農協会館、70名参加。首都圏追い出し屋対策会議、無届・無料低額宿泊所問題弁護団との共催。この間さまざまな団体や個人が「住まい」をめぐる貧困ビジネスの被害を告発し、行動を行ってきた。この取り組みを共有し、貧困ビジネスの退場を迫るための集会。

⑭ 10月24日 「住まいの貧困の解決を―住宅研究交流集会」の開催。東京千駄ヶ谷・日本青年館、120名参加。日本住宅会議、住まい連との共催。基調講演「ハウジングプアの現状と総合対策への提言」(稲葉剛)、分科会・「本物の住宅セーフティネットを」、「住宅の家賃問題を考える」、「住み続けられる住宅とコミュニティ」、「若者の住まいを住宅政策」。

⑮ 11月 「住まいカフェ」の月1回開催と各相談活動 「住まいカフェ」とは、住まいの貧困に取り組む当事者たちが、お互いに支え合える場所を提供するもの。住まいについての悩みや相談に、同じような立場の当事者同士が、お茶とお菓子を食べながら、ざっくばらんに話し合う場として、09年6月頃から月1度のペースで開催。大手家賃保証会社の被害相談、ゲストハウスの被害相談など、様々な相談活動と取り組みの交流を行っている。

⑯ 12月18日 「シンエイ問題について」東京都に申し入れ。 東京都知事はじめ関連部局(不動産課、消費生活部)に「(株)シンエイ、(株)シンエイエステートに対する指導、是正と賃貸住宅トラブルの対応窓 一本化を求める申し入れ」を当事者2名参加し、提出。

⑰ 12月20日 「UR花畑団地(東京都足立区)年末の集い―賃貸住宅の削減反対、本当の団地再生を」に「出張住まいカフェ」で参加。主催・花幡団地に住み続ける会、住まい連。

⑱ 12月25日 「ブラックサンタ大作戦・家賃滞納者DB化の公開質問状の受け取り行動」。
   12月12日に一般社団法人・全国賃貸保証業協会(LICC)と加盟業者9社に対して行った公開質問状の回答の受け取り行動と宣伝行動を東京・新橋で行う。

⑲ 2010年1月~3月 毎月の「住まいカフェ」の開催、冊子「みんなのための安心住まいハンドブック~借家人の権利を知ろう~」の執筆・編集。設立1周年記念集会&デモの企画、準備、取り組みの推進。「なくそうハウジングプア! 立ち上がろう借家人!!」


設立1周年記念集会・デモへの賛同ありがとうございます。

「なくそうハウジングプア! 立ち上がろう借家人!住まいの貧困に取り組むネットワーク設立1周年記念集会&デモ」へ、当日に賛同をいただいた方も含めて、とりまとめました。
誠にありがとうございます。

/////////////////////////////////
【団体賛同】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、NPO住まいの改善センター、国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、山谷労働者福祉会館、借家人権利向上委員会、城北借地借家人組合、自由と生存の家実行委員会、新建築家技術者集団、スマイルサービス闘争を支援する会、全国一般東京東部労働組合、全国一般労働組合東京南部、全国借地借家人組合連合会、賃金と社会保障、東京借地借家人組合連合会、山吹書店

以上15団体(50音順)

【個人賛同】
五十嵐文人(東京新聞労組 非正規労働者)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、井下咲子、奥山たえこ(杉並区議会議員)、おぐら修平(足立区議会議員)、金子浩子、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、菊地輝夫(城北借地借家人組合)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク呼びかけ人)、小玉徹(大阪市大教員)、佐藤富美男(城北借地借家人組合)、砂川秀樹(東京プライド代表)、武田敦(首都圏青年ユニオン委員長)、豊秀一(新聞労連委員長)、中島由美子(全国一般労働組合東京南部書記長)、中平悪久(仮名)(悪徳不動産業者シンエイ物件入居者)、中村敬一(全国借地借家人組合連合会)、永島公子、七澤浩、野本陽吾(エコアクションかながわ代表)、平賀雄次郎(全国一般労働組合東京南部委員長)、藤井光男、藤本龍介(スマイルサービス闘争を支援する会)、細谷紫朗(東京多摩借地借家人組合)、松元千枝(全国一般労働組合東京南部)、村澤潤平(新聞奨学生SOSネットワーク)、山田真吾(首都圏青年ユニオン書記次長)

以上27名(50音順)
/////////////////////////////////

設立1周年記念集会&デモ、大成功!

本日、新宿農協会館にて、設立1周年記念集会を行ない、その後新宿1周デモを行ないました。
集会は120名以上の参加があり、椅子が足りなくなるほど。デモも100名ほどの参加で最後まで元気よく歩きました。

集会では、稲葉剛さん、増田尚さん、本間義人さんそれぞれの講師から、ハウジンブプアのとらえ方や、通称追い出し屋規制法案について、さらに海外の居住運動の紹介といった内容の濃いお話があり、会場からも「家賃が本当に高すぎる。どうしたら家賃2万円の生活ができるようになるのか。」といった声や家賃滞納者データベースについての質問が出されました。

設立1周年記念集会1 設立1周年記念集会2

集会後のデモも、休日の新宿は人出が多く、大いに注目を引くことができ、しっかりとアピールできたかと思います。

集会で確認されたアピールを掲載しておきます。


アピールー住まいの貧困をなくすために

私たち「住まいの貧困に取り組むネットワーク」は、今日3月22日、設立1周年集会を開催しました。この1年、私たちは居住系貧困ビジネスで被害にあっている人たちの相談、支援活動を行い、
悪質な不動産業者や住宅管理業者、家賃保証会社などへの抗議行動に取り組んできました。また、「追い出し屋被害ホットライン」、「住まいは人権デー」、「国土交通省への要請、申し入れ」、そして各種宣伝行動を実施してきました。最近では、「家賃滞納者のデーターベース(ブラックリスト)化」に断固反対し、実施させないたたかいを展開しています。
 こうした中で、被害の当事者の人びとがたたかいに立ち上がり、支援の輪も広がってきています。しかし、かっての「サラ金地獄」と同様な「追い出し」被害は後を絶たず、生活保護費をピンはねする宿泊施設や「たこ部屋」同然のゲストハウス的施設の増大、そしてネットカフェ難民、ホームレスの人びとの増加は、この国の住まいの貧困の深刻化を示しています。

「家賃滞納データベース化」に反対し、廃止させよう

 いま、国会に「追い出し屋規制法案」が提出され、審議が行われようとしています。この法案は、家賃等の悪質な取立て行為の禁止、家賃債務保証業の登録制度の創設などを行い、「追い出し屋」とその行為を規制しようとするものです。その点では、私たちを含む各界の声に押されて、政府が法案を作成したもので、一歩前進といえるものです。しかしながら、この法案には、「家賃等弁済情報データベースの登録制度」が盛り込まれ、私たちが反対していた「家賃滞納者のブラックリスト化」を容認したものになっています。この問題では、3月5日、日本弁護士連合会の会長が「データベース化は、必ずしも悪質とはいえない家賃不払いの履歴によって民間賃貸住宅市場から閉め出され、住宅の確保ができなくなるハウジングプア層を増大させかねず、反対である」との声明を発表しています。住まいの貧困をさらに上塗りするようなデータベース化の行為は、登録制を行ったとしても、様々な被害をなくすことは不可能です。この「家賃滞納ブラックリスト化」を許さず、廃止に向けてのたたかいを拡げることを強く呼びかけます。 

 なくそうハウジングプア、私たちの要求

 ハウジングプアの問題解決は、「追い出し屋規制法」だけではできません。私たちは次の要求の実現を求めています。
① 家賃保証業は営利企業が行う限り、必然的に居住権を侵害する追い出し行為などを伴わざるを得ない。こうした家賃保証業に対し、実効ある規制を直ちに行うこと。そして、低所得の民間賃貸住宅入居者を対象とした公的保証制度を創設すること。
② 住宅管理業者、サブリース業者に対しても義務的登録制度を導入すること。
③ 明け渡しを安易に行う定期借家制度は、ハウジングプアの拡大促進につながるものである。定期借家契約は禁止すること。また、無料低額宿泊施設等の規制を直ちに行うこと。
④ 高齢者や障がい者、外国人、ひとり親家庭、セクシャルマイノリティなどの人びとに対する入居差別が行われている。入居差別を禁止する法整備を行うこと。
⑤ 借地借家法を改正し、借家人組織の交渉権を制度化すること。
⑥ 公的保証と家賃補助を組み合わせた入居支援策、借上げ型の公営住宅を増やし、居住の貧困の解消をはかること。また、民間賃貸住宅と公的住宅の役割を見直し、住まいは人権の理念に基づいた社会賃貸住宅政策の確立を図ること。
 
 住まいを借りている人、借りようとしている人、一人ひとりが横につながり共にたたかおう。

2010年3月22日 住まいの貧困に取り組むネットワーク設立1周年記念集会

設立1周年記念集会・デモへの賛同ありがとうございます。

来週に迫った「なくそうハウジングプア! 立ち上がろう借家人!住まいの貧困に取り組むネットワーク設立1周年記念集会&デモ」への賛同がどしどし集まっています。有難いことです。

まだまだ募集中ですので、ぜひよろしくお願いいたします。

【3月19日現在】
/////////////////////////////////
【団体賛同】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、NPO住まいの改善センター、国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、借家人権利向上委員会、城北借地借家人組合、スマイルサービス闘争を支援する会、全国一般東京東部労働組合、全国一般労働組合東京南部、全国借地借家人組合連合会、賃金と社会保障、東京借地借家人組合連合会、山吹書店

以上50音順、12団体

【個人賛同】
五十嵐文人(東京新聞労組 非正規労働者)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、井下咲子、奥山たえこ(杉並区議会議員)、おぐら修平(足立区議会議員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、菊地輝夫(城北借地借家人組合)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク呼びかけ人)、小玉徹(大阪市大教員)、佐藤富美男(城北借地借家人組合)、砂川秀樹(東京プライド代表)、武田敦(首都圏青年ユニオン委員長)、豊秀一(新聞労連委員長)、中島由美子(全国一般労働組合東京南部書記長)、中平悪久(仮名)(悪徳不動産業者シンエイ物件入居者)、中村敬一(全国借地借家人組合連合会)、七澤浩、平賀雄次郎(全国一般労働組合東京南部委員長)、藤本龍介(スマイルサービス闘争を支援する会)、細谷紫朗(東京多摩借地借家人組合)、松元千枝(全国一般労働組合東京南部)、村澤潤平(新聞奨学生SOSネットワーク)、山田真吾(首都圏青年ユニオン書記次長)

以上50音順、23名
/////////////////////////////////

デモコースが決定しました。

来週に迫った「なくそうハウジングプア! 立ち上がろう借家人!住まいの貧困に取り組むネットワーク設立1周年記念集会&デモ」ですが、デモコースが決定したので、ご報告します。

新宿農協会館→マック前左折→新宿駅西口ロータリー→都民銀行前右折→大ガードくぐる→靖国通り→新宿5丁目交差点右折→新宿3丁目交差点右折→新宿通り→アルタ前広場解散



人通りの多い目立つコースになっています。
一人でも多くの方のご参加をお待ちしております!
いっしょに歩きましょう。

3月12日に次回住まいカフェを行ないます。

3月12日に次回住まいカフェを行ないます。

【次回住まいカフェ】
日時:2010年3月12日(金)
17:30~18:45 住まいカフェ


場所:新宿コズミックスポーツセンター 3階 小会議室
〒169-0072 新宿区大久保3-1-2
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/map/cosmic_plaza.html
■東京メトロ副都心線
西早稲田駅 3番出口 徒歩2分
■JR/地下鉄東西線/西武新宿線
高田馬場下車徒歩17分
■都バス
高田馬場から(高71)、新宿西口から(早77)、池袋・渋谷から(池86)
新宿コズミックセンター前又は都立障害者センター前〉下車徒歩1分
-------------------------------------------------------

【住まいカフェとは?】
カフェを行なうネットワークは、住まいの貧困に取り組む当事者たちが、お互いに支えあえる場所を提供することも目的の一つとしています。それは、相談する側と相談される側が分けられた一方向的な相談機関というよりも、メンバー同士が相互に助け合って紛争や問題の解決にあたることのできる場所として、そこに集った人たちによって作り出されるものです。その取り組みのとっかかりになるものとして、住まいについての悩みや相談に、同じような立場の当事者同士がざっくばらんに話し合える場を作ろうと、「住まいカフェ」を去年の6月頃から月に1度のペースで行っています。どうぞお気軽にご参加ください。

相談の場合は、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。
sumainohinkon@gmail.com
プロフィール

housingpoor

Author:housingpoor
住まいの貧困に取り組む個人からなるネットワークです。
賃貸トラブルや生活相談にも応じます。
月に1度程度、都内で会議を開いています。
参加したいというご要望や、賃貸トラブルについてのご相談は
sumainohinkon@gmail.com
までよろしくお願いいたします。

検索フォーム
QRコード
QRコード