Entries

消費者機構日本がシンエイに対して是正申し入れ

 消費者機構日本がシンエイ及びシンエイエステートに対して、貸室賃貸借契約書・短期一時使用契約書に関する是正申入れを行いました。
 消費者機構日本は、消費者団体訴訟制度に基づき、不当な約款・勧誘行為等について差止請求権を有する適格消費者団体です。

 シンエイ入居者の訴えがきっかけになり、契約条項の一部が改善されました。
 住まいの貧困に取り組むネットワークでは、引き続きシンエイ及びシンエイエステートに対して改善を働きかけていきます。

 以下は消費者機構日本のウェブサイトからの引用です。

http://www.coj.gr.jp/topics/topic_101005_01.html

<シンエイ・シンエイエステート(不動産事業者)>貸室賃貸借契約書・短期一時使用契約書に対して是正申入れを行いました!

 当機構は、不動産事業者である㈱シンエイ及び㈱シンエイエステート(以下「シンエイ等」
両事業者の本社:東京都立川市)が使用する貸室賃貸借契約書と短期一時使用契約書の条項に、消費者契約法第10条等に抵触する定めがあるとして、削除等を求める申入れ(2009年12月25日)を行いました。

 当初、シンエイ等は貸室賃貸借契約書から更新料支払条項と督促手数料条項に関しては削除しない旨の回答(2010年2月5日)をしていましたが、再度、当機構が督促手数料条項の削除の申入れ(同年3月31日)を行ったところ、シンエイ等から督促手数料条項は削除する旨の回答(2010年4月15日付)を得ることができました。更新料支払条項を削除しない理由についてシンエイ等は、更新料支払条項の有効無効をめぐっては、現在、高等裁判所レベルにおいて、その判断が分かれていることを理由にあげています。

 その後(2010年7月下旬)、シンエイ等から改定した賃貸借契約書と定期建物賃貸借契約書(シンエイ等は短期一時使用契約の形態を廃止し、定期建物賃貸借契約の形態に改めた)の提示を受けました。シンエイ等は、既に改定賃貸借契約書と定期建物賃貸借契約書の使用を開始しているとのことです。

 当機構の申入れ要旨とシンエイ等の回答要旨、並びに、現在、実際に使用されている改定賃貸借契約書の状況は下記【表】のとおりです。特に不当性が強かった"督促手数料条項"(【表】申入れ事項2)、"延長更新料条項"(【表】
申入れ事項3)、"自力救済条項"(【表】申入れ事項8、10)については、改定賃貸借契約書等では削除されています。
(引用者注:【表】は上記ウェブサイトをご覧ください)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://housingpoor.blog53.fc2.com/tb.php/115-f75eccb9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

housingpoor

Author:housingpoor
住まいの貧困に取り組む個人からなるネットワークです。
賃貸トラブルや生活相談にも応じます。
月に1度程度、都内で会議を開いています。
参加したいというご要望や、賃貸トラブルについてのご相談は
sumainohinkon@gmail.com
までよろしくお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QRコード